前へ
次へ

ビジネスの効率を良くするためにレンタル携帯を活用

ビジネスでは、とかくスピードが求められる傾向があります。取引先とスピーディーに連絡を取りたくなる事もあるでしょう。連絡が遅れてしまいますと、色々なトラブルが生じる可能性もありますし、注意が必要です。携帯の着信も例外ではありません。時には携帯に電話がかかってくる事もあるでしょう。ところで着信があった時は、電話番号を特定するのに少々時間がかかる事があります。知らない番号から着信があると、誰が連絡してきたか気になる事もあるでしょう。着信履歴を見てWEBで検索すれば、ある程度特定する事は可能です。ただ取引先としては、WEBにデータがない番号で電話をかけてくる事もあります。取引先からの電話番号かどうか、いち早く知りたくなる事もあるでしょう。その場合、レンタル携帯というサービスは便利です。あらかじめレンタル携帯の契約を済ませておき、取引先に通知しておくと良いでしょう。実際、そのようにレンタル携帯を活用している企業も少なくありません。例えば自分が保有している携帯の機種は、Aだとします。Aに対しては、色々な方から電話が来る状況だとします。そして、ある時に契約したレンタル携帯はBだとします。取引先には、そのBの番号を伝えておく訳です。事前にBの番号を伝達しておけば、取引先の担当者としてもBに電話をかけてくれるでしょう。Bに対して着信があれば、すぐに取引先の電話であると認識できます。それだけビジネス効率が向上する訳です。しかしレンタル携帯の契約を済ませておかないと、なかなか誰の着信なのか分かりません。調べるのに時間がかかると、業務効率は若干悪くなってしまうでしょう。それを考慮して、多くの法人はレンタル携帯の契約を済ませている訳です。企業によっては、従業員に対して携帯電話を貸し出してくれる事があります。その場合、貸し出してくれる機種はレンタル携帯というパターンもよくあります。いずれにせよ電話機を使い分けたい時は、レンタル携帯を上手く活用してみると良いでしょう。

Page Top